一生の思い出として残るクラスtシャツを作る|tシャツ作りの基礎

製作の流れ

白いTシャツ

クラスtシャツを作る流れとしては、まず費用を確認するための見積りを行ないます。tシャツの種類や枚数、色、プリントするデザインの大きさや色などを決めていきます。この条件をメールや電話で伝えたら、正式な見積りを出してもらうことができます。見積りが出るまでに1日~3日営業日かかることが多いですが、その場ですぐに見積りを出してもらえるところもあります。デザインを入稿したら、仕上がりのイメージ画像をメールで受け取ります。仕上がりが納得できるまで修正をして、デザインが決定したら正式な発注となります。正式な発注を受けたら、製版とプリントが始まります。プリントは、7営業日ほどかかりますが、特殊な加工の場合はさらに期間が伸びることが多いです。専門業者によってクラスtシャツを作る流れは、大まかな流れはこのようになります。平均的な作成期間は、打ち合わせからプリント作業まで2週間程度です。

専門業者の中には、インターネット上で利用できる自動見積りシステムを提供しているところもあります。自動見積りとは、tシャツの種類や色、プリントの大きさ、枚数などを入力するだけで費用がわかるというものです。電話やメールをしなくても、クラスtシャツの大まかな見積りを知ることができるので便利です。また、ハイスピード対応してくれる専門業者を利用することで、急いでクラスtシャツを作りたいときに活用することができます。通常のオーダーの場合、5営業日~7営業日かかるところを、ハイスピード対応なら5営業日以内で生産してくれるのです。ただ、その分別途料金が発生してしまうので注意したほうが良いです。